作業員

賃貸の現状回復工事は専門業者にお任せ|流れを事前にチェック

原状回復と現状回復

空室

賃貸契約を終了したり解除する場合は、管理会社や家主立ち合いのもとで部屋内で現状回復の義務違反がないかどうかがチェックされます。万が一にも違反部分があれば見積がなされ、敷金の中から滞納家賃があればこれらも同時に差し引かれるのです。そして、その残金が指定の口座に振り込まれることになっています。

テナント撤退時にすること

空き部屋

その依頼と大まかな流れ

店舗などを持つのにあたり、その多くが賃貸借契約にて物件を借りているというケースが多いのでしょう。そうしたケースでは、退去時に元の状態に戻す原状回復工事が必要な場合があり、契約時にそれに関しては双方で確認しているはずです。その原状回復工事に関して、いくつかの工程に分かれています。現状回復工事では主に内装解体工事、スケルトン工事、廃棄物処理といった流れで進行していきます。これらそれぞれの工程においては、専門の業者というのも存在します。しかし、できれば一手に引き受けてくれる業者の方が、手間が省けて良いのではないかと思います。この工事を依頼する方法として、電話やインターネットから業者へ申し込みを行います。すると、業者サイドから連絡が来て、現地での見積もりが行われます。その後検討して発注という形になりますが、見積もりの段階ではキャンセルができる場合も多いのです。そのため、複数社同時に見積もりを出し、安いところを選択する方法もあります。また、一括で原状回復工事を行なってくれる業者を探すサイトもあるので、こちらを利用するのも一つの手段ではないでしょうか。業者の選定が終われば、あとは日程を決めて業者が原状回復工事を行い、その工事代金を支払いという流れになります。原状回復工事を行う際の注意点として、その状態をどこまで戻さなければいけないのか、物件の所有者に確認しておく必要があります。いざ工事が終わって、やり直しということになれば時間もお金も無駄になりますので十分注意しましょう。

契約前の重要事項

工事

現状回復工事を行う際にも、業者による現地調査と見積もり作成が必要になるので、持ち主も立ち合い納得できる見積もりを出してもらいましょう。スムーズに進めるためにも運び出せるものは事前に移動させておき、調査しやすい状況にしておくことが大切です。

借りた状態に復帰させる

ヘルメットを持つ人

現状復帰工事を業者に依頼すると意外なほどコストと時間がかかりますが、それだけ重要な工事といえるので確実に行いましょう。民法上も借りた側の義務と定められているので、法人として責任を持って現状復帰を実現させるべきです。