作業者

賃貸の現状回復工事は専門業者にお任せ|流れを事前にチェック

借りた状態に復帰させる

ヘルメットを持つ人

工場やオフィスを引き払う

賃貸で使っている工場やオフィスを引き払う際には、必ず現状復帰を行う必要があります。これはその賃貸を借りたときの状態に復帰させるものであり、工事業者に現状復帰工事を依頼しなければなりません。会社としてはそうした現状復帰は自社でやりたくなりますが、壁にあいた穴の補修や天井と壁紙の交換などはとても難しい作業です。出来たとしてもどこかに不備が生じた場合は現状復帰と認めてもらえないでしょう。そうならないためにしっかりとプロの業者に現状復帰してもらう必要があるのです。現状復帰工事は丁寧で確実な仕事が要求されるために、かなり高額物となっています。そのために安い見積りを出す業者を選びたくなりますが、安いところは張りぼてのような補修工事を行うことがあるので注意が必要です。そういった業者を利用して現状復帰を行うと信頼をなくしてしまい、法人としてオフィスを借りることができなくなってしまうでしょう。そうなると様々な弊害が生じてしまうので、コストはしっかりかけていくことを意識するべきです。基本的に建物というのは使っていくことで磨耗していきます。現状復帰工事はそうした磨耗した内装を交換し、キズを補修していくものなので時間とコストは相応にかかるものなのです。民法上でも借りた方が契約終了のときに負担するべきと定められているので、確実な工事を実現しなければなりません。信頼できる大手業者に現状復帰を依頼し、オフィスの引き払いをスマートに済ませましょう。